久米島と沖縄本島欲張って行って来ました:アーラ浜編

1209okinawa_013
久米島空港でレンタカーの手続きをしまして、いざ出発。
沖縄県自体が車海老の産地なのは知っていたけれども、久米島は特に出荷量が
多いんだそうで、垂れ幕でもアピールをなさっています。
1209okinawa_014
そしてさとうきび推し。
久米島のお土産お菓子は黒糖だらけかな?と思ったけど、それほどでも無かった。
黒糖のまま県外に出荷するのかな?
1209okinawa_015
小さいけど、写真中央の看板には
『久米島にイモ・ウンチェーを持ち込まないようお願いします』とあります。
イモはともかく、ウンチェーってなんだろ?と思ったら、空芯菜の事なのね。
久米島ではアリモドキゾウムシという害虫の駆除を頑張っていて、もう少しの間
発見されない状態が続いたら、根絶宣言が出来るんだそうです。
がんばれ。
1209okinawa_016
久米島空港から、島の南を通る道をアーラ浜に向かって進んで行きます。
このまっすぐで誰もいない道は、なんとなく伊江島を思い出すんだけども
伊江島と比べるとすごく都会な印象。
街路樹も含めて、道がきれいに整備されているからかなぁ。
1209okinawa_017
信号待ち中、普通に海が見えます。
1209okinawa_018
なにやら不思議な建物が見えてきた。
煙突の立っているグレーの建物は、久米島製糖さんの工場だそうですよ。
1209okinawa_019
で、久米島製糖さんの工場を過ぎてしばらく山道を走ると、ようやくアーラ浜到着。
広めの駐車場も近くにあるけど、誰もいないので浜を独占ですね。
手前はわき水が溜まった場所だと思うんだけども、魚がいたりカニがいたり不思議。
1209okinawa_020
マングローブ的なのも生えてます。
1209okinawa_021
天気が良いので、というか驚く程暑いので、着いて早々だけど海に浸かりたくなった。
なんの設備も無いので、観光客がひょいと来て海に入るような場所では無いだろうけども。
1209okinawa_022
砂浜もとてもきれい。
1209okinawa_023
海が穏やかです。
1209okinawa_024
着いた時にすぐ視界に入ったこの大きな木は、よく分かんないけど
電柱かなにかなのかな?という形。
ここに座って一休みとかいいですね。
日差しが強烈だからしないけどね。
1209okinawa_025
わき水ゾーンのそばに生えてるわしゃわしゃ。
1209okinawa_026
ヤドカリもたくさんいたよ。


アーラ浜は衝撃的に美しかった。
浜までの道が入り組んでいるから、ナビが無い頃は地元の人しか
知らない浜、とかだったんじゃないかなぁってな雰囲気。

2012沖縄旅行記まとめ
→その01:那覇から久米島へ編
→その02:アーラ浜編
→その03:イーフビーチ編
→その04:奥武島の畳石と比屋定バンタ編
→その05:おばけ坂編
→その06:波路さんで晩ご飯編
→その07:はての浜午前編
→その08:はての浜午後編
→その09:波路さんで晩ご飯編2回目
→その10:イーフビーチで泳いだ編
→その11:五枝の松編
→その12:本島北上して南下編
→その13:沖縄家庭料理くんち家さん編
→その14:やちむん通り編

スポンサーリンク
スポンサーリンク