久米島と沖縄本島欲張って行って来ました:奥武島の畳石と比屋定バンタ編

1209okinawa_042
久米島から海中道路で繋がっている奥武島に来ましたよ。
干潮の時には歩いて久米島から来られるとかなんとか。
1209okinawa_043
奥武島にはバーデハウス久米島という、海洋深層水を使った温浴施設がありまして
多分これはその施設のシーサー達。かな?
草に囲われながらもいい顔をしています。
1209okinawa_044
で、奥武島といえば畳石。
亀の甲羅のような石がびっちり。
これは自然に出来た形で、沖縄県の県指定天然記念物なんだってさ。
1209okinawa_045
潮がひいた時にしか見られないとのこと。
石はつるんとしている上、砂がまんべんなくかぶっているので足下滑りまくり。
1209okinawa_046
くぼみ。
取り残された魚がいたり。
1209okinawa_047
乳白色な海。
砂がまっしろなので、なんだか温泉に来たかのようですよ。
アーラ浜もめちゃくちゃキレイだったけど、ここの浜は別の種類でとてもキレイ。
1209okinawa_048
そんな浜に、気になる無数の穴。
たまに中から砂がブワーと出て来たりして、あきらかに中に生物がいるかんじ。
1209okinawa_049
えい。
1209okinawa_050
えいえい。
と、ここまで掘ったりしておきながら、かわいそうだからやめておこうとか
中途半端な嫌がらせをした連れの人。
結局何が中にいるのかは分からなかったので、車海老じゃない?ってことで。
1209okinawa_051
そうこうするうちに水がどんどん引いていくよ。
1209okinawa_052
海中道路から、海に建つ電信柱。
1209okinawa_053
移動しまして、ここは比屋定バンタ。
ひやじょうばんた、って読みますよ。
近くにある島々が解説されているこのパネルがあるこの場所は
展望台になっておりまして
1209okinawa_054
色んな島が見えますよ。
奥に見える少し明るい色合いの海は、はての浜ですね。
1209okinawa_055
飛び交うツバメ。
ここに限らず久米島にはツバメがたくさんいて、車に突っ込んできそうだったり
走ってる車の前を横切ってみたりと、なんだかあざ笑われているかのようだったよ。
どうやら久米島は、ツバメ達の越冬地になっている様子です。
1209okinawa_056
展望台から視線を下にずらすと、車海老の養殖場。
どうやって育てているのか、近くで見てみたかったなぁ。
1209okinawa_057
展望台下にある売店で、ブルーシールアイス買った。
さとうきびと紅芋です。
受け取った瞬間から溶け始めるので時間との戦い。
しかしブルーシールがそこらの売店で気軽に買えるって素敵ですね。
1209okinawa_058
水分も補給ね。
このマンゴージュース、沖縄で買うペットボトル飲料の中では高いので
(350mlで130円くらい)あんまり買わないんだけどもね、美味しいんだよねぇ。
うっちん茶はいつも通り。
乾杯の時じゃなくてもグビグビ飲みます。


とにかく天気に恵まれまくりな初日です。
代わりに強烈な日差しが体力を猛烈に奪ってゆく。

2012沖縄旅行記まとめ
→その01:那覇から久米島へ編
→その02:アーラ浜編
→その03:イーフビーチ編
→その04:奥武島の畳石と比屋定バンタ編
→その05:おばけ坂編
→その06:波路さんで晩ご飯編
→その07:はての浜午前編
→その08:はての浜午後編
→その09:波路さんで晩ご飯編2回目
→その10:イーフビーチで泳いだ編
→その11:五枝の松編
→その12:本島北上して南下編
→その13:沖縄家庭料理くんち家さん編
→その14:やちむん通り編

スポンサーリンク
スポンサーリンク